企業広告「さあ、いい方の未来へ」篇

グループCM(テレビ)30秒

社会の発展には必ず新しいリスクが伴います。

それらのリスクと向き合い、その先にある明るい未来へと歩みを進めるために、保険の力が必要だというメッセージを込めています。

今ある社会的課題と、目指すべき社会像や人々の生活とを対比させ、より良い未来に向けた課題解決に取り組むMS&ADグループの姿勢を表現しています。

クリエイティブディレクター
アートディレクター

山崎晴太郎

コピーライター

原田剛志

ディレクター

吉田七々恵

デザイナー

明田裕之

CMプロデューサー

佐藤恵

CMディレクター

小林哲也

企画・製作

㈱日本経済広告社・㈱セイタロウデザイン・TTR-FACE

新聞広告

CSVイメージ動画

価値創造ストーリーとCSV取組に対するMS&ADグループの姿勢をインパクトのあるビジュアルで表現しています。特に「気候変動」にフォーカスし、具体的な取り組みを紹介しています。

FINANCIAL TIMES

2018年10月9日FINANCIAL TIMESに広告を掲載しました。

企業広告「MS&ADはここにいます」篇

MS&ADグループは、『皆さまに安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えること』をミッションとしています。
このミッション実現のため、5つのグループ保険会社それぞれが、さまざまな場面で、さまざまな形で、人と社会を支える役割を担っています。その活動の拡がりと活動に対する思いを、「MS&ADはここにいます。」というコピーとともに表現していきます。

新聞広告

2017年8月6日、13日、20日に亘って日経ヴェリタス紙に掲載されたシリーズ広告が、「第66回日経広告賞」における「日経ヴェリタス広告賞大賞」を受賞しました。

8月6日掲載

テーマ
上:「先進性」三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保が提供するサイバーセキュリティ

 

下:「防災・減災」インターリスク総研が提供するリスクソリューション

8月13日掲載

テーマ
上:「先進性」三井住友海上がサポートするロボット事業

 

下:「先進性」あいおいニッセイ同和損保が提供するテレマティクス技術

8月20日掲載

グループ傘下の事業会社の活動を一覧で紹介。グループの広がりと多様性を表現。

テーマ:一つひとつの暮らしを想って
拡大
テーマ:一つひとつの暮らしを想って

2016年8月31日 日本経済新聞掲載

 

ボディコピー:
MS&ADグループの三井住友海上あいおい生命は、一つひとつの暮らしを想って。

 

一つひとつの明かりの中には、一つひとつ大切な暮らしがある。
MS&ADグループの三井住友海上あいおい生命は、さまざまなニーズに応える商品とサービスで、一人ひとりのかけがえのない人生を支え、明日へ向かうための確かな力となりたいと願っています。

2016年8月31日 日本経済新聞掲載

 

ボディコピー:
MS&ADグループのインターリスク総研は、あらゆるリスクを見つめて。

 

災害を避けることはできない。しかし事態を想定し対策を講じることはできる。
MS&ADグループのリスクコンサルティング会社であるインターリスク総研は、さまざまなリスクに対するソリューション提供することで、「防災」とともに、災害時の被害を最小限に食い止める「減災」を目指しています。

テーマ:地域密着(ハザードマップ)
拡大
テーマ:地域密着(ハザードマップ)

2016年8月10日 日本経済新聞掲載

 

ボディコピー:
MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保は、安全とリスクの間に。

 

自然の猛威にも、リスクを知れば備えることができる。
MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保は、ハザードマップを活用して、自然災害のリスクに向き合い続けます。自然災害を予期せぬ被害と諦めず、お客さまにリスクを伝え続ける。何かが起こってからではなく、何ごともない時にこそ、お客さまの安全に思いをはせます。

2016年7月20日 日本経済新聞掲載

 

ボディコピー:
MS&ADグループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、進化するクルマのそばに。

 

IoTの進化により「クルマ」はやがて、全く違う「ナニカ」になるのかもしれない。
MS&ADグループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、自動走行車の実証実験などテクノロジーのもたらす未来の予見のもとに、カーライフの未知のリスクに的確に対応します。保険はいつも未来形です。

テーマ:先進性(サイバーセキュリティ)
拡大
テーマ:先進性(サイバーセキュリティ)

2016年7月13日 日本経済新聞掲載

 

ボディコピー:
MS&ADグループの三井住友海上と
あいおいニッセイ同和損保は、サイバースペースに。

 

インターネット社会は、新たなリスクを連れてくる。
MS&ADグループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、企業のサイバーセキュリティに関する対応を支援。最先端の「見えないリスク」に対応できる、最先端の保険を提供しています。

テーマ:高品質(コールセンター)
拡大
テーマ:高品質(コールセンター)

2016年6月29日 日本経済新聞掲載

 

ボディコピー:
MS&ADグループは、お客さまの声のそばに。

 

お褒めの言葉も、お叱りの言葉も、そのどれもがかけがえのないもの。
電話の向こうを想像する力。それがサービスの品質を向上させると、私たちは信じています。MS&ADグループのコールセンターは、保険商品・サービスに関するお客さまの声に真摯に耳を傾け、一言ひとことに寄り添いながら、日々の改善に努めています。 

テーマ:先進性(農業)
拡大
テーマ:先進性(農業)

2016年6月15日 日本経済新聞掲載

 

ボディコピー:
MS&ADグループの三井住友海上は、四季を映す日本の風景の中に。

 

暮らしを支え続ける日本の農業は今、変化の大きなうねりに立ち向かおうとしている。
MS&ADグループの三井住友海上は、6次産業化や異業種との連携、食の輸出、ロボットの活用など、新しいあり方を模索する日本の農業に、保険を通して向き合い続けます。

テーマ:地域密着<br/>(自動車整備・自動車修理工場)
拡大
テーマ:地域密着
(自動車整備・自動車修理工場)

2016年6月8日 日本経済新聞掲載

 

ボディコピー:
MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保は、クルマを中から外から支えて。

 

クルマは安全で危険な乗り物だ。だからこそ、まいにちの安全に、いざという時に信頼できるパートナーが必要だ。
MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保は、全国のクルマのプロたちと緊密に連携し、お客さまのカーライフを縁の下から支えています。

テーマ:先進性(再生医療)
拡大
テーマ:先進性(再生医療)

2016年6月1日 日本経済新聞掲載

 

ボディコピー:
MS&ADグループの三井住友海上は、最先端医療のそばに。

 

医療の進化は人類の希望だ。それは未来を告げている。
MS&ADグループの三井住友海上は、再生医療の臨床研究のリスクに備えた保険を開発することで、再生医療の発展をサポートし、人々の明日に貢献しています。

テーマ:先進性(テレマティクス)
拡大
テーマ:先進性(テレマティクス)

2016年6月1日 日本経済新聞掲載

 

ボディコピー:
MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保は、最新のクルマ社会の中に。

 

進化する自動車には、進化した保険が必要だ。
MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保は、クルマのIoTやテレマティクス技術で「いつでもお客さまとつながる」自動車保険の新しい可能性に、チャレンジしています。

2016年5月18日 日本経済新聞掲載

 

ボディコピー:
MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保は、地域社会と共に。

 

祭りは地域の誇り。それを動かすのは人のエネルギー。
MS&ADグループのあいおいニッセイ同和損保は、地域に根ざして暮らしのそばで、地域の元気を考える。人のエネルギーあふれる地域社会を目指して、さまざまな形でお手伝いしています。