MS&ADインシュアランス グループは、仕事を通じて成長し、能力を発揮できる機会をすべての社員に対して提供していくことが企業競争力の向上につながると考えています。中期経営計画「Vision 2021」においては、社員がいきいきと活躍できる経営基盤づくりを重点取組と位置付け、経営数値目標としてダイバーシティ&インクルージョンの主要業績指標(KPI)を設定するなど、グループ総合力の源泉として取組みを推進しています。

「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進レポート」を発行

当社グループとしての「D&I推進レポート」を発行し、オフィシャルWebサイトに公開しています。本レポートでは、当社グループとしてのD&Iの方向性とグループ各社がめざす共通の取組みを提示し、グループ各社におけるD&Iの具体的な施策を紹介しています。

<ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進レポートコンテンツ>

・グループCEOメッセージ
・MS&ADグループのD&I推進
・グループの現状数値

・目標数値
・女性活躍推進の制度・取組
・グローバル人財活躍
・障がい者活躍、LGBT支援、シニア活躍
・ワーク・ライフ・バランス(働き続けられる制度・取組)
・D&I推進のための環境整備
・役員メッセージ(ダイバーシティ&インクルージョン担当)

社員が働き続けられる制度・取組み

グループでは、社員が仕事と生活を両立させながら、働きがい・成長を実感し、健康にいきいきと働くことができるための諸制度を整備しています。

出産や育児、介護などのライフイベントをきっかけにキャリアを断念したり、退職を選択せざるを得ない社員を出さないために、それぞれのライフステージの幅広いニーズにあった制度の充実に努めています。産前・産後休暇、育児休業、子の看護休暇や介護休暇、介護休業などはすべて法定以上となっています。

<主な取組み>

「30%ClubJapan」にメンバー登録

2019年5月に女性役員輩出に向けた世界的なキャンペーンである「30% Club Japan」に、グループCEOが加入しました。当社はジェンダーダイバーシティが企業の対応すべき喫緊のビジネス課題であり、意思決定層の多様性が重要であると考え、グループの女性役員育成に向けて、取組みを進めています。

アスリート支援を通じた共生社会の実現の取組み

スポーツ界の第一線で活躍する選手の育成・支援及び、パラスポーツの団体への協賛や全国各地で行われる大会の応援等、パラスポーツ支援の取組みを通じ、多様な人財が活躍できる共生社会の実現に取り組んでいます。その一環として仕事と競技を両立できる環境を整備すべく、障がい者を含むスポーツ選手の採用を行っており、オリンピック、パラリンピック、デフリンピック、世界選手権などの国際大会に出場するアスリート社員が多数在籍しています。