取組みを推進するにあたり、中期経営計画において次のKPI(主要業績指標)を定めています。

KPI(主要業績指標)

 

重点課題 指標 グループ目標 2022
年度
実績
地球環境との共生
(Planetary Health)
温室効果ガス排出量削減率
(スコープ1+2)

2030年度▲50%(対2019年度)

2050年度ネットゼロ

▲26.8%
温室効果ガス排出量削減率
(スコープ3)

2030年度▲50%(対2019年度)

対象カテゴリ:1、3、5、6、7、13

2050年度ネットゼロ

対象カテゴリ:全て

▲26.9%

再生可能エネルギー導入率 2030年度60%
2050年度100%

21.1%

※1

社会の脱炭素化、循環型経済に資する商品の保険料増収率 2025年度 年平均18% 17.9%
安心・安全な社会
(Resilience)
社会のレジリエンス向上に資する商品の引受件数増加率 2025年度 年平均20% 29.4%
地域企業の課題解決支援数
(コンサルティングサービス、
研修・セミナ―)
2025年度 年1万件 12,349件
健康関連の社会課題解決につながる商品の保有契約件数 2025年度 260万件 217万件
⻑寿に備える資産形成型商品の保有契約件数 2025年度 10万件 5万件
多様な人々の幸福
(Well-being)
企業の人権関連対応の支援数
(コンサルティングサービス、
研修・セミナ―)
2025年度 年1,000件 1,111件
社員意識調査

以下の項目で前年同水準以上
・CSVにつながっていると実感
・ミッション、ビジョン、バリューを常に意識している
・仕事に誇り、働きがい
・いきいきと活躍

4.5pt
4.6pt
4.4pt
4.6pt

※1 集計に誤りがあり訂正(2023年8月) 訂正前:24.1%  訂正後:21.1%

ESGデータ

参考:Vision2021の目標と取組実績

<別表>「社会との共通価値を創造」する取組み(主なものを抜粋)

中長期目標について

■「温室効果ガス排出量の削減」については、以下の目標を掲げている。

対象 2030年度 2050年度
スコープ1・2 基準年度(2019年度)比 50%削減 ネットゼロ
スコープ3 カテゴリ1、3、5、6、7、13 基準年度(2019年度)比 50%削減
保険引受先・投融資先 お客さまとともにGHG排出量削減に向けた取組みを進めるため、対話を深め、削減に向けた課題の把握と、課題解決に向けたソリューションの提案を実施
基準年度(2019年度)比37%削減(国内主要取引先)

・数値の把握が可能で、社員の行動変容や自然資本保全の観点で重視すべき次のカテゴリについて目標を設定

・カテゴリ1:購入した製品・サービス(対象:紙・郵送)、3:スコープ1、2以外の燃料及びエネルギー活動、
 5:事業から出る廃棄物、6:従業員の出張、7:従業員の通勤、13:リース資産、15:投融資等

●再生可能エネルギー導入率目標

2030年度 2050年度
60% 100%

 

■人財KPIについては、以下の目標を掲げている。
●人財に関するKPI

人財に関するKPI 目標年度 目標 2022年度実績
女性管理職比率    2030年度 30% 19.5%
女性ライン長(組織長)比率 2030年度 15% 12.9%
デジタル人財    2025年度 7,000人 3,601人
海外人財 2025年度 1,200人 1,182人
生産性向上人件費率(対象:MS・AD) 2025年度 8.5% 9.2%
運動習慣者比率    2025年度 現行水準以上 26.5%
男性育児休業取得率 2025年度 100% 92.5%
男性育児休業取得日数 2025年度 4週間 8.1日
年次有給休暇取得日数    2025年度 前年同水準以上 16.4日
管理職に占める中途採用者比率 2025年度 現行水準以上 22.6%
海外子会社役員における海外雇用社員登用比率    2025年度 現行水準以上 83.0%