読み:とんちんせいねんきん

トンチン性とは、「死亡した方の保障を抑え、その分まで生きている方の年金に回すしくみ」により長生きした人ほどより多くの年金を受け取ることをいい、イタリア人のロレンツォ・トンティが考案した保険制度に由来しています。