読み:そるべんしー・まーじんひりつ

巨大災害の発生や保有資産の大幅な価格下落等の「通常の予測を超える危険」に対する「資本金、準備金など保険会社が保有する支払余力」の割合をいい、経営の健全性を測る指標の一つです。

ソルベンシー・マージン比率=ソルベンシー・マージン÷(1/2×リスクの合計額)