少子高齢化が進み、企業が事業を継続するための労働力の確保が大きな課題となっています。
また働く社員が健康であることは、社員自身のQOL(Quality of Life:生活の質)の向上のみならず、MS&ADインシュアランス グループの経営理念の実現にとって欠かせない要素です。
当社グループは、さまざまな価値観を持つ多様な人財が働ける場を提供し、働きやすさ・やりがいを感じながら生産性を高めていく「働き方改革」を推進するとともに、社員一人ひとりの心身の健康を保持増進するため、健康や安全に配慮した職場環境づくりに取り組んでいます。

働き方改革の推進

働き方改革は、働く場所や時間の多様化、社員の役割改革、長時間労働防止の工夫など、多岐にわたって進めています。

働く場所・時間の多様化

固定化していた働く場を多様化し、社員一人ひとりの多様な働き方を推進
<取組例>
・モバイルワークの推進(シンクライアントパソコンの配備)
・在宅勤務制度、サテライトスペースの活用
・シフト勤務制度、短時間勤務制度

役割変革の取り組み

社員一人ひとりが一段上の業務を遂行し、さらに生産性を高め競争力を強化するよう、社員の意識・行動の変革を推進

長時間労働の防止

長時間労働を防止することで、社員一人ひとりの健康を守り、仕事と生活の両立実現を支援
<取組例>
・原則19時前退社
・「退社時間宣言カード」により退社時間等を職場内に共有し、時間のメリハリの意識を醸成
・パソコン操作時間が一定時間を越えた社員に対して、産業医による面接指導を実施

有給休暇取得推進

定例休暇の事前計画を立て、定期的な取得実績を確認することにより取得を促進

 

目標と取組実績 「年次有給休暇取得日数」

ESGデータ・資料(有給休暇取得率・取得日数)

社員の健康保持・増進

社員一人ひとりの心身の健康保持・増進と、より良い職場環境づくりに取り組んでいます。

健康増進のサポート

健康や生活習慣の改善を意識した行動(=セルフケア)に取り組めるよう、そのきっかけとなるキャンペーンの展開や各種サポートを実施
<取組例>
・自社アプリ「ココカラダイアリー」の活用推進による日常の生活習慣見直し
・食事キャンペーン、ウォーキング企画、健康チャレンジラリー(健康ポイント制)企画、禁煙支援(遠隔治療費用補助)などの提供
・スニーカー通勤奨励、階段昇降(2UP3DOWN運動、階段の消費カロリーステッカー表示)等

健康リテラシーの向上

健康増進に必要な生活習慣やメンタルヘルス等の知識・スキル習得に向けた環境を整備
<取組例>
eラーニング、トップアスリートによる運動推進動画、心身の健康・食生活・運動・睡眠・喫煙など生活習慣に関する情報提供、巡回健康相談や階層別研修等での健康教育の提供を実施

メンタルヘルス・ケア

健康管理センターや社員相談室を設置し、社員のメンタルヘルスをケア。また、ストレスチェックをグループ統一で実施し、メンタル不調の未然防止の仕組みを強化するとともに、集団分析の結果を、より良い職場環境づくりに活用
<取組例>
予防活動:研修・eラーニング・ストレスチェック・職場巡回健康相談
疾病者への支援:療養中の相談
復帰支援:回復期の復帰準備等

安全に配慮した職場づくり(労働安全衛生法遵守)

グループ国内保険会社では、労働安全衛生法にもとづく衛生委員会を設置し、月1回健康障害の防止や健康の保持増進に関する事項を調査・審議するなど、安全に配慮した職場づくりに取り組んでいます。

グループ統一
健康診断制度

全国各地の従業員が均質な健康診断・結果判定を受けられるよう、MS&ADホールディングスが主体となってグループ統一の健康診断制度を運営。健康診断結果により事後措置が必要な社員には、産業医や産業看護職による保健指導や受診勧奨等のフォローアップを実施

 

ESGデータ・資料(健康診断受診率)

職場環境整備

社員の業務効率アップと心身の健康の確保につなげるため、照明、換気、温度湿度、騒音や人間工学に配慮した快適な職場環境を整備

労働災害発生の防止

職場巡視・リスクアセスメントを実施し、転倒等事故防止に向けた必要な職場環境整備を実施。また、社有車を使用するグループ保険会社では、事故発生状況を管理し、社有車の安全運転管理規則に則り、安全運転のための取り組みを実施

 

ESGデータ・資料(労災申請件数)

社員とのコミュニケーション

社員一人ひとりが会社の目指す方向を理解し、その達成に向け意欲・能力を最大限に発揮できる環境をつくっていくことが重要と考え、そのためにさまざまな社員とのコミュニケーション機会を設けています。また、社員から寄せられた声は、経営改善や商品・サービスの品質向上に活かしています。

社員意識調査
『社員満足度』

当社グループの全社員を対象に意識調査を定期的に実施。これにより、グループの経営理念・経営ビジョン・行動指針の浸透とともに、グループの一体感が醸成されているか、社員の働きがいや成長の実感につながっているか等を確認

 

目標と取組実績 「社員満足度」

社員の声を業務改善に活かす仕組み

社員が改善提案等を投稿できる掲示板を社内システム上に設置。投稿内容は本社各部が検討し、検討結果をフィードバックする仕組みを運営

役員との対話

社員の声を経営に活かすため、社員と経営トップ層との意見交換の場を定期的に設定