読み:かかくへんどうじゅんびきん

1996年に施行された新保険業法において規定された準備金で、
保険会社が「所有する株式・債券等の価格変動による損失」に備えるための積立金です。