読み:じこしほんひりつ

自己資本を総資産で除した比率。
金融商品会計の適用により、従前の有価証券含み益が貸借対照表に計上されることとなったことで、自己資本比率も時価ベースでの表示となっています。