日本経済新聞主催「金融DXサミット」2021年9月30日(日本橋三井ホール)

日本経済新聞社が主催する「金融DXサミット」にグループCDO一本木真史が登壇しました。登壇したセッションでは、DXを成功させる鍵として、データからではなく企業のミッションや世の中のニーズ・社会課題を解決する方法の探求から出発することの重要性が、改めて示されました。

日本経済新聞・日経BP主催「ジェンダーギャップ会議」 2021年9月17日(日経ホール)

日本経済新聞社と日経BPが主催する「ジェンダーギャップ会議」に、取締役会長 柄澤 康喜が登壇しました。「ポストコロナ時代を見据えたD&I経営」と題して、コロナがもたらした社会の変化や日本企業のD&I取組の現状を踏まえ、当社グループにおけるD&Iの意義や女性活躍推進の取組み等について講演しました。

「世界平和経済人会議ひろしま」」2021年9月9日

広島県が主催する「世界平和経済人会議ひろしま」のD&Iに関するセッションに、取締役会長 柄澤 康喜が登壇しました。働き方や生活スタイルが変わり、分断・孤立の起こり方が変化するポストコロナ時代において、D&Iの促進のために経済人ができることをテーマに、異なるバックグランドを持つパネリスト3名にて議論を行いました。

動画準備中

株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役会長兼社長 末松弥奈子さま(右上)、株式会社電通パブリックリレーションズ ダイバーシティ&インクルージョンセンター長 大日方邦子さま(右下)、NPO東京レインボープライド 共同代表理事/JOC理事 杉山文野さま(左下)、当社 柄澤康喜(左上)

日本経済新聞主催 日経SDGsフォーラムシンポジウム「震災から10年~持続可能な未来へ~」2021年3月11日

日本経済新聞社が主催する日経SDGsフォーラムシンポジウム「震災から10年~持続可能な未来へ~」 に、取締役社長 グループCEO 原 典之が登壇しました。講演では、東日本大震災から何を学び、今に活かし、そしてこれからどのような取組みに繋げていくのか、震災当時の支援、防災減災の推進、地域の活性化など、福島・東北経済の復興を支えるさまざまな活動を紹介しました。

「サステナブル・ブランド国際会議2021」2021年2月24日

「サステナブル・ブランド国際会議2021」に持株会社 取締役社長 グループCEO 原 典之が登壇しました。
「未来を拓くサステナビリティ経営」と題し、「レジリエントでサステナブルな社会」の実現を目指す当社グループの「気候変動」への取組みについて紹介しました。本セッションは、韓国、タイ、マレーシアの参加者へ向けてもオンライン配信されました。

国際シンポジウム「朝日地球会議2020」2020年10月12日

国際シンポジウム「朝日地球会議2020」に持株会社 取締役専務執行役員 グループCFO 樋口 哲司が登壇しました。
「コロナと気候危機 復興へ向け企業はどう取り組むのか」と題して、コーディネーター・東京大学未来ビジョン研究センター教授 高村ゆかり氏と東京ガス専務執行役員 岸野寛氏とともに、企業が気候危機にどう対処するべきかについてセッションを行いました。気候変動が進む中での保険会社が果たすべき役割や、MS&ADグループが取り組むリスクコンサルティング事業などを紹介しました。

日本経済新聞・日経BP主催「ジェンダーギャップ会議」 2020年9月4日(日経ホール)

日本経済新聞社と日経BPが主催する「ジェンダーギャップ会議」に、取締役会長 柄澤 康喜が登壇しました。「未来を切り開くD&I経営 ~多様な人財を企業競争力の源泉に」と題して、MS&ADグループにおけるD&I取組やその意義、多様性を活かすためにリーダーに求められる資質等について講演しました。

日経SDGsフォーラム  2019年12月5日(東京ビッグサイト 国際会議場)

日本経済新聞社が主催する「日経SDGsフォーラムシンポジウム」に、取締役社長 グループCEO 柄澤 康喜が登壇しました。講演では、MS&ADグループの価値創造ストーリーや7つのCSV取組、レジリエントなまちづくりを目指すCSV取組(「災害に強いまちづくり」「SDGsによる地方創生モデル」などの事例)、社内でのCSV取組の浸透策「サステナビリティコンテスト」等を紹介しました。

「投資が変える企業の生物多様性」シンポジウム 2019年2月19日(三井住友海上 駿河台ビル)

MS&ADグループでは、ESG投資の高まりを受けて投資家から注目を集めている「自然資本リスク」に関して、生物多様性をテーマとした「投資が変える企業の生物多様性」シンポジウムを開催しました。
開会にあたり、取締役副社長 グループCFO 藤井 史朗が登壇し、「ビジネスを通じて社会的課題を解決していくべく、生物多様性保全において企業が果たすべき役割について、皆さんと一緒に考える機会になれば幸いです。と述べました。

「日経フォーラム イノベーティブアジア」 2019年1月17日(シンガポール)

日本経済新聞社が主催する「日経フォーラム イノベーティブアジア」に、取締役社長 グループCEO 柄澤 康喜が登壇しました。
自然災害が多発するアジアにおいて、今後保険の役割はますます高まっており、MS&ADグループとして、IoT、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータ等の先端技術を活用した革新的な商品・サービスを提供していくことを話しました。

東北大学SDGsシンポジウム 2018年12月21日(仙台国際センター・桜)

国立大学法人東北大学とMS&ADグループは、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、SDGs時代における人材育成のあり方をテーマとしたシンポジウムを開催し、取締役副社長グループCFO 藤井 史朗が登壇しました。
河野 太郎 外務大臣の基調講演をはじめ、各界著名人が、SDGsの達成を見据えた行動をとることができるグローバル人材の育成に関し講演、議論しました。

日経SDGsフォーラム  2018年12月7日(東京ビッグサイト 国際会議場)

日本経済新聞社が主催する第2回「日経SDGsフォーラムシンポジウム」に、取締役社長 グループCEO 柄澤 康喜が登壇しました。MS&ADグループが2030年に目指す社会像「レジリエントでサステナブルな社会」に向けて、SDGsを道しるべとした様々なCSV活動や取り組み事例を紹介しました。

当日の動画は、こちらからご覧ください。
(当社グループのパートは1:07:32~1:32:14です)

FIN/SUM 2018 & REG/SUM  2018年9月26日(東京・丸ビル)

日本経済新聞社・金融庁共催「FIN/SUM 2018 & REG/SUM」のパネルディスカッションに、グループCDO 舩曵 真一郎が登壇し、元NECデータサイエンス研究主席研究員、現dotData,inc.の藤巻CEOとロフトワークの林代表取締役と共に「デジタル実装と信用・信頼のこれから」について議論を交わしました。
 
パネルディスカッション及び、その後行われた対談内容については、こちらからご覧ください。
(外部サイト「日経 LEADERS VISION ~AIで変わる保険 MS&ADとdotDataが狙うリスク管理のイノベーション~」にリンクします)