イニシアティブと社会評価

MS&ADインシュアランス グループは、三井住友海上が2004年6月に金融機関として初めて国連グローバル・コンパクトへの支持を表明したことを引き継ぎ、さまざまなイニシアティブへの参画をし、社会的課題の解決への貢献に努めています。また、企業の社会的責任(CSR)の側面から評価し、投資していく手法であるSRI(社会的責任投資)の世界的な評価機関の評価をCSR取組の向上に活かしています。

イニシアティブへの参画

国連グローバル・コンパクト(※)への参画

グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク

MS&ADインシュアランス グループは、国連グローバル・コンパクトの原則を尊重した企業活動に努めています。また、そのローカルネットワークのグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンの運営にも関わり、分科会の幹事を務めるなど活動にも積極的に参画しています。

(※)1999年にアナン前国連事務総長が提唱したイニシアティブであり、グローバル企業に対し、人権、労働、環境、腐敗防止に関する10原則を遵守し、実践するように求めています。


国連グローバル・コンパクトとの関連

国連グローバル・コンパクト10原則

人権
 原則1: 人権擁護の支持と尊重
 原則2: 人権侵害への非加担

労働
 原則3: 組合結成と団体交渉権の実効化
 原則4: 強制労働の排除
 原則5: 児童労働の実効的な排除
 原則6: 雇用と職業の差別撤廃

環境
 原則7: 環境問題の予防的アプローチ
 原則8: 環境に対する責任のイニシアティブ
 原則9: 環境にやさしい技術の開発と普及

腐敗防止
 原則10: 強要・賄賂等の腐敗防止の取り組み

10原則とMS&ADインシュアランス グループ取り組みとの関連

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン

ロゴ

MS&ADインシュアランス グループは、環境および社会の持続可能性に配慮した金融機関における望ましい業務のあり方を模索し、それを普及、促進していくため、国連環境計画 金融イニシアティブ(UNEP FI)に参加しています。
2012年6月、UNEP FIは、保険会社が事業活動において環境・社会・ガバナンス問題を考慮し、地球の持続可能な発展のために役割を果たすことを求める「持続可能な保険原則」を公表しました。
MS&ADインシュアランス グループはその策定に参画するとともに、同原則に賛同し、署名しています。

責任投資原則への署名

ロゴ

MS&ADインシュアランス グループは、2015年6月に投資活動において意思決定プロセスにESG(環境、社会、企業統治)課題を考慮していくことを求める「責任投資原則」へ署名しています。これに基づき、ESG等の視点も踏まえた投資先企業との建設的な対話や、ESGを配慮した投融資活動の実践に向けた検討を進めています。


自然資本宣言への署名

MS&ADインシュアランス グループは、2016年7月に、21世紀に向けて金融機関が「自然資本」という考え方を金融商品やサービスの中に取り入れていくことを宣言した自然資本宣言(Natural Capital Declaration)の趣旨に賛同し、署名しています。
本宣言は、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)が提唱するもので、署名金融機関は、顧客、投資先企業、サプライヤー、市民社会等とのエンゲージメントによって国際的にリーダーシップを発揮することとしています(※)

(※)自然資本宣言の署名金融機関が、リーダーシップを発揮すべきの4項目

ロゴ

持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則への署名

2011年10月、国内において、「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」および「業務別ガイドライン(保険業務、預金・貸出・リース業務、運用・証券・投資銀行業務)」が公表されました。本原則は、持続可能な社会づくりに向け、必要な責任と役割を果たしたいと考える金融機関の行動指針として作成されました。
三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上あいおい生命、インターリスク総研は同原則に署名しています。

CDP(旧名称:カーボンディスクロージャープロジェクト)への参加

CDP(旧名称:カーボンディスクロージャープロジェクト)は、企業の気候変動対策に関する世界最大のデータベースを持った独立非営利団体で、世界中の企業等団体がCDPを通じて温室効果ガスの排出量や気候変動に対する対策を公開しています。MS&ADインシュアランス グループは、この取り組みに賛同し、継続的にCO2排出量を報告しています。

「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、2014年5月、社会的責任を果たす観点から、「日本版スチュワードシップ・コード」の趣旨に賛同し、受け入れを表明しました。

企業を収益性だけでなく、社会性や環境対応など社会が求める企業の社会的責任(CSR)の側面から評価し、投資していく手法(社会的責任投資=SRI)が広まっています。MS&ADインシュアランス グループでは世界的なSRI評価機関の評価をCSR取り組みの向上に活かしています。2015年7月現在、次のSRIインデックスの構成銘柄に組み入れられています。


※MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社のMSCIインデックスの組み入れ、およびMSCIロゴ、商標、サービスマーク、またはインデックス名の使用は、MSCIまたはその関連会社によるMS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社のスポンサーシップ、推薦またはプロモーションを意味するものではありません。 MSCIインデックスは、MSCIの独占的財産であり、その名称とロゴは、 MSCIまたはその関連会社の商標またはサービスマークです。

環境省「環境 人づくり企業大賞2016」環境大臣賞を受賞(2017年5月 MS&ADホールディングス)

MS&ADグループ2社の取組が 「ジャパン・レジリエンス・アワード2017」を受賞(2017年3月 MS&ADホールディングス)

「MS&ADゆにぞんスマイルクラブが第2回企業ボランティア・アワード」を受賞(2017年3月 MS&ADホールディングス)

平成28年度「東京都スポーツ推進モデル企業」に選定(2017年3月 あいおいニッセイ同和損保)

MS&ADグループ3社が「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定(2017年2月 MS&ADホールディングス)

ロゴ

RobecoSAM社によるCSR格付けで「ブロンズクラス」「インダストリー・ムーバー」に認定(2017年2月 MS&ADホールディングス)


第5回いきものにぎわい企業活動コンテストで「審査委員特別賞」を受賞(2017年1月 三井住友海上)

「パートタイム労働者活躍推進企業表彰」優良賞を受賞(2017年1月 あいおいニッセイ同和損保)

HDI格付けベンチマーク「モニタリング」格付け(電話対応)で最高評価の「三つ星」獲得(2017年1月 あいおいニッセイ同和損保)

損保業界唯一、2年連続で東京都スポーツ推進企業に認定(2016年12月 あいおいニッセイ同和損保)

オリコン日本顧客満足度ランキング ~バイク保険 満足度1位~(2016年12月 三井ダイレクト損保)

HDI格付けベンチマーク「問合せ窓口」「モニタリング」「Webサポート」で最高評価の三つ星を獲得(2016年11月 三井住友海上あいおい生命)

Claims Awards Asia-Pacific 2016“事故対応で特筆すべき成果を挙げた保険会社「Insurer Claims Team of the Year」”を受賞(2016年10月 三井住友海上)

ダイレクト損保として初めて『UCDAアワード』を2年連続受賞。重要事項説明書見直しの取り組みが高く評価されました(2016年10月 三井ダイレクト損保)

HDI格付け調査「問合せ窓口」、「Webサポート」で最高評価の『三つ星』を獲得(2016年9月 三井住友海上)

HDI格付けベンチマーク 「問合せ窓口」「Webサポート」部門で最高評価の『三つ星』を獲得(2016年9月 三井ダイレクト損保)

コンタクトセンターがIT協会による2つの特別賞を受賞(2016年8月 三井住友海上)

~グループ2社の事業継続取組が評価~ 国土強靭化貢献団体認証(レジリエンス認証)を取得(2016年8月 三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保)

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+1
  • LinkedIn
  • AddThis

ラムサールサポーターズ~いのち・つなげる・水辺から~

このページの先頭へ戻る