中期経営計画「Vision 2021」では、新たに当社グループが2030年に目指す社会像を、「レジリエントでサステナブル な社会」と定めました。 SDGsを私たちの取り組みにおける道標(みちしるべ)として取り入れ、世界トップ水準の保険・金融グループを目指す企業として、社会との共通価値の創造(CSV:  Creating  Shared  Value)に取り組んでまいります。

 

限界に近づく地球環境への課題

SDGsの目標12、13、14、15は、気候変動への対応、持続可能な生態系の保全等地球環境に関わる目標となっています。気候変動による自然災害の甚大化や頻発化は、地球全体が共有するリスクであり、そこに密接に関わる保険にとっては、支払保険金の増大によるグローバルな保険システムの劣化も懸念されます。そこで、MS&ADインシュアランス グループは、2015年12月に世界各国が合意した気候変動問題の解決を目指す「パリ協定」を支持し、その実現に取り組んでいくことを宣言する「パリ行動誓約(The Paris Pledge for Action)」に署名しています。
また、海や森などの自然資源や天然資源、動植物などの生態系が供給してくれる資源や機能に依存した私たちの暮らしや経済活動は、生態系の劣化や自然資源の枯渇により大きな影響を受けることになります。MS&ADインシュアランス グループは、こうした気候変動や自然資本のき損のリスクを未然に防ぐリスクマネジメントや保険商品の提供を通じ、お客さまと社会のレジリエンスの構築のための役割を果たすとともに、自らの温室効果ガスの排出削減につながる取り組みを行っています。

活力ある社会と経済発展のために

SDGsの達成にはイノベーションを活用して、持続的発展のための課題を解決することが求められています。MS&ADインシュアランス グループでは、技術の進展を支援し、新たに発現するリスク事象に備えるためのソリューションを提供しています。

自動運転技術、デジタライゼーション、AIの進展、ビッグデータ活用の発展、再生エネルギー事業の支援等、社会の多様なニーズに応える商品・サービスの提供を目指し、大学等との産官学連携や政府・自治体との研究・調査等も並行して進めていきます。

人々に安心・安全を

MS&ADインシュアランス グループの経営理念で目指す「活力ある社会の発展と地球の健やかな未来」を支えるためには、多様な社会的課題を抱えています。そのなかで、日本をはじめとした先進国では高齢化が大きな社会問題と言えるでしょう。安心して長寿を全うできる社会の支えが重要です。また、世界を見渡せば、社会の格差拡大が社会不安の要因となっています。貧困の連鎖を断ち切る解決策の実行とともに、社会のあらゆる層への金融・保険のアクセシビリティを高める取り組みも重要になっています。

サステナビリティコンテストの開催

中期経営計画「Vision 2021」の実現に向け、SDGsや社会との共通価値の創造(CSV:Creating Shared Value)に対する社内の理解を深め、日常業務への浸透を図るべく、国内外も含めたグループ会社全体が参加する「サステナビリティコンテスト2018」を2018年8月に開催しました。グループ全体で国内外含め500組以上の応募となり、このうち入賞10組が事前の評価会議で選ばれ、特に評価の高かった6組が役員61名に対して取組の発表を行い、最優秀賞1組、優秀賞5組を決定しました。

最優秀賞を受賞したのは、三井住友海上北海道支店が実施した「『空想会議』でSDGsを体現!」という取り組みで、新たな発想を創出する「空想会議」を定期的に開催し、従来の営業スタイルから、社会的課題解決という視点からのアプローチに発想を転換、地域・お客さまへのヒアリングを通じ、必要な商品かつ同社としても商品化が実現できる補償を、関係部門と協力して開発したものです。新たな発想から、赤字経営に苦しむ病院への保守コストの保険化の提案や、牧場経営の安定化を支える牛補償の提供を通じ、地域の課題解決に貢献した点が評価を得ました。

今後も「サステナビリティコンテスト」の開催を通じ、新たなビジネスモデルの創出を促すとともに、応募取組の中から好取組をグループ各社で共有することで、さらなる推進を行っていきます。MS&ADインシュアランス グループは中期経営計画「Vision 2021」で定めた2030年の社会像「レジリエントでサステナブルな社会」を実現するためにSDGsを道しるべにグループ一体となり取り組みを進めていきます。

 

「サステナビリティコンテスト」当日の様子
拡大
「サステナビリティコンテスト」当日の様子
SDGsへの理解促進に活用したグッズ
拡大
SDGsへの理解促進に活用したグッズ

「IDEAS FOR GOOD」(新たに社会をもっとよくするアイデアマガジン、運営:ハーチ株式会社)で、サステナビリティコンテストが紹介されました。