海外保険市場への取り組み

海外進出を加速
国内の大手保険会社は、国内保険市場の成熟化を踏まえ、海外事業基盤の拡大を図っています。

可能性ある新興国市場
海外保険市場で大きく伸びる可能性を秘めているといえるのがアジア、中南米、中東・アフリカ等の新興国市場です。先進国の保険普及率(保険料合計の対GDP比)は平均9.6%です。一方、新興国市場の保険普及率は平均3.3%と相対的に低く、今後の市場成長の可能性を秘めています。

保険会社、販売チャネルの多様化

通信販売、銀行窓販(銀行窓口での保険販売)や来店型保険ショップ等販売チャネルが多様化し、インターネット経由の販売に特化した保険会社も登場しました。また既存の販売チャネルでも、クロスセル等が行われるようになりました。

商品・サービスの広がり

長生きリスク
生活費の確保や医療費の支出等、長生きすることにかかわる経済的な「リスク」が高まっているといえます。

医療・介護保険で新商品・新サービス
自助努力によるリスクへの備えの重要性は今後更に高まるものと思われ、民間の保険会社に求められる役割が大きくなっています。

※本コンテンツは、保険産業や当社事業内容・経営戦略等をよりご理解いただくための補助資料として作成しています。
正確かつ公正な情報を掲載するよう努めておりますが、その内容を保証するものではありません。