ラムサールサポーターズ

関東・東京港野鳥公園 とうきょうこうやちょうこうえん (東京都大田区)

プロフィール

湿地タイプ干潟

生きもの

鳥類 キジバト、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、シギ、チドリ など
水生動物 カニ、ゴカイ、ハゼ など

東京港野鳥公園は野鳥や水辺の生きもの、たくさんの動植物を守り、生きものでにぎわう海浜公園です。埋立地に期せずして再生した東京湾岸の自然が多くの都民の皆さんの希望で保全されました。毎年、シギ・チドリ類、カモ類といった水鳥や小鳥類、オオタカなどが公園を訪れ、年間120種類前後、開園以来227種類の野鳥が観察されています。

活動レポート & 近況報告

2017年11月12日(日)

秋晴れの下、東京港野鳥公園で、ラムサール活動が開催されました。MS&ADグループの社員、役員、家族、内定者113名が参加して、レンジャーの皆さんのご指導のもと、清掃活動や生き物観察を行いました。
10月は雨の週末が多く、関東で最初のラムサール活動となりましたが、台風の影響もあってゴミがたくさん打ち上げられており、約1時間の清掃でしたが大量に拾うことができました。
空気の澄んだ気持ちの良い場所で、たくさんの野鳥や水辺の生き物を観察することができ、大田区にこんな場所があるなんて知らなかった!との声が、参加者から聞かれました。(MS&ADインシュアランスグループ)


2016年10月16日(日)

MS&ADグループの社員と家族約100名で、東京港野鳥公園の清掃活動を行いました。子どもたちは、カニやハゼなど水辺の生き物の採取観察を実施。爽やかな絶好の天気の中、みんなで気持ちの良い汗を流しました。(MS&ADインシュアランス グループ)


学ぼう!ラムサールサポーターズ

にじゅうまるプロジェクト

このページの先頭へ戻る