ニュース&トピックス ホールディングス:2013年度

日系企業初、タイにリスクマネジメント専門会社を設立 

2013年 4月22日

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社

 MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社(社長:江頭 敏明)傘下のリスクマネジメント(以下、RM)会社である株式会社インターリスク総研(社長:近藤 和夫)は、タイ・バンコク市に子会社を設立し、2013年5月から営業を開始します。タイでのRM専門会社の設立は、日系企業としては初となります。

 また、新会社の設立により、MS&ADインシュアランス グループのRMサービスは、日本(インターリスク総研)、シンガポール(インターリスク・アジア)、上海(インターリスク上海)、インド(チョラMSリスクサービス)を含む、5拠点体制となりました。

 MS&ADインシュアランス グループおよびインターリスク総研は、今後も、安全で安心な社会の実現に向けて、グローバルに事業を展開していきます。

 

1.新会社の概要

(1)会社名     : InterRisk Asia (Thailand) Company Limited (インターリスク・タイ)
(2)本店所在地  : タイ国バンコク市
(3)資本金     : 400万バーツ (約1,230万円)
(4)出資者     : インターリスク総研、インターリスク・アジア、
             MSIG Service and Adjusting (Thailand)[※]
             [※]三井住友海上のタイ現地法人
(5)営業開始日  : 2013年5月 (予定)

 

2.設立の目的

2011年に発生したタイ洪水では、多くの企業の拠点が被災し、操業中断をやむなくされたうえ、製造・部品供給がストップするなどの甚大な影響が生じました。ASEAN地域では、タイ洪水を契機に、自然災害への対策や事業継続計画の作成・見直しを進める企業が増えていることから、同地域における事業体制の強化とより高品質なRMサービスの提供を目的として、新会社を設立します。

 

3.新会社の役割

新会社は、タイを中心とするASEAN地域のあらゆる企業へ、自然災害や火災・爆発、ネットワーク障害、賠償責任などの多様なリスクに対するコンサルティングサービスを提供します。また、グループの損害保険会社2社(三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保)の保険引受に関するリスク評価サポートも行います。これにより、三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、新会社のRMサービスを最大限に活用し、お客さまニーズに応える商品・サービスの提供を目指します。

 

4.サービスの提供範囲

タイを中心に、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジアをはじめとする近隣諸国への出張サービスにも対応します。

 

 

株式会社インターリスク総研 (Webサイトへリンク)

 

以 上

ニュース&トピックス グループ会社
IRニュース
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+1
  • LinkedIn
  • AddThis

このページの先頭へ戻る