ステークホルダー・コミュニケーション

社会から必要とされる企業グループであり続けるためには、ステークホルダーから何を期待され、何を求められているかを知り、商品・サービスの品質向上に活かしていくことが重要と考えています。MS&ADインシュアランス グループでは、ステークホルダーとの対話を進めるさまざまな仕組みをつくり、ステークホルダーの声を積極的に経営戦略に取り入れる取り組みを行っています。

ステークホルダーとのコミュニケーション

MS&ADインシュアランス グループは、保険・金融サービス事業の公共性を原点とし、社会の不安とリスクに対して、最善の解決策を提供することが私たちの役割と考えています。人々に安心・安全をお届けし、活発な事業活動と、健康で豊かな生活を支援するために、お客さまをはじめとするステークホルダーの声をお聴きし、いただいた「相談」「要望」「苦情」「意見」などのさまざまな声を広く受け止め、品質向上に活かしています。また、これらによる課題把握の過程や課題解決に向けた改善取組の内容・結果などについて、ホームページ等で順次公表し、ステークホルダーがご覧になれるようにしています。

ステークホルダーとのコミュニケーション

お客さまの声を活かし、業務改善や業務の品質向上に取り組み、お客さまからの信頼や期待に応える商品・サービスを提供します。MS&ADインシュアランス グループでは「お客さまの声対応基本方針」を策定し、お客さまからいただく「相談」「要望」「苦情」などのさまざまな声を広く受け止め、品質向上に活かすことを定めています。グループ国内保険会社では、この基本方針にもとづき、お客さまにご満足いただける商品・サービスを提供するために、お客さまの声を業務改善に活かしています。
また、社会から必要とされる企業グループであり続けるため、ステークホルダーの期待やニーズを理解し、商品・サービスの品質向上に活かしていくことが重要と考えています。ステークホルダーの声を聴くさまざまな仕組みをつくり、経営レベルでの論議のもと、商品やサービスの改善に反映しています。
これらの改善に向けた取り組みの内容・結果などについては、ホームページで順次公表し、お客さまにも改善状況をご覧いただけるようにしています。
ステークホルダーの声を活かした品質向上についての詳細はこちら
ステークホルダーの視点で商品・サービスを開発・改善についての詳細はこちら
お客さまのわかりやすさ、利便性の向上についての詳細はこちら
お客さまから選ばれる保険金お支払いサービスについての詳細はこちら

株主への責任

株主・投資家の皆さまに信頼され企業価値を正当に評価していただけるよう、基本方針にもとづきIR活動を展開しています。
MS&ADインシュアランス グループでは、持続的な成長と企業価値向上に向けて、透明性の高い情報開示と、株主・投資家との「建設的な対話」に積極的に取り組んでいます。
具体的には、透明性の高い情報開示を行うことにより、株主・投資家との情報の非対称性を軽減するとともに、株主・投資家との建設的な対話より得られたフィードバックを経営・関係部門と共有し、経営戦略に活かしています。
情報開示とIR(Investor Relations)についての詳細はこちら

取引先への責任

社会の期待と要請に応えるため誠実かつ公平・公正な取引を行い、ともに永続的な発展と社会的責任を果たすよう努めています。MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保では、取引先とのコミュニケーションにおいて、ISO14001取り組みの一環として、1年に1回、取引先にグループ環境基本方針を説明し、環境への配慮について協力を依頼しています。また、簡易版環境ISOである「エコアクション21」の認証の取得等、取引先の環境への取り組みを支援しています。
取引における責任についての詳細はこちら

地球環境への責任

「グローバルな保険・金融サービス事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支える」という経営理念(ミッション)にもとづいて環境基本方針を策定し、取り組みを行っています。
MS&ADインシュアランス グループは、国連グローバル・コンパクトへの参画や、持続可能な保険原則への署名にもとづく活動、自然資本宣言の署名機関としての取り組み等、さまざまなイニシアティブへの参画を通じ、社会的課題の解決への貢献に努めています。また、2016年から2030年までの国際的な目標であるSDGs(持続可能な開発目標)において企業に求められる役割について整理し、2016年度のCSR重点課題特定に反映させています。グローバルな保険・金融サービス事業者として、地球環境の変化に対応するとともに国際社会の声に耳を傾ける努力を続けてまいります。
イニシアティブへの参画についての詳細はこちら
重点課題特定のプロセスについての詳細はこちら
気候変動への対応についての詳細はこちら
責任投資を通じた課題解決への貢献についての詳細はこちら
環境への取り組みについての詳細はこちら

代理店との継続的な対話を通じ、品質の維持・向上を図りながら、ともに成長することを目指します。
MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保では、会社と代理店のコミュニケーションを円滑にし、代理店とともにお客さまにより高い品質のサービスをお届けできるよう代理店組織を通じた情報共有や相互研鑽を支援しています。各代理店組織においては、お客さまへの高品質なサービスや、最適な保険商品のご提供に向けて、組織活動を通じた会員代理店の体制整備や成長力の強化、および地域・社会貢献活動などに取り組んでいます。
また、専業代理店の大型化に伴い、高いレベルの代理店経営支援を行うために、経営面・システム面から個別課題まで専門性を持つ代理店経営支援専任スタッフを社内に配置し、専業代理店を中心とした代理店の経営支援を実践しています。代理店経営支援専任スタッフによるさまざまな支援や研修の実施、および個別ミーティング等を通し、代理店の経営基盤の拡充と品質の向上に取り組んでいます。
代理店とのコミュニケーションについての詳細はこちら

社員への責任

ステークホルダーの声を耳を傾け、絶えず自分の仕事を見直すこと(革新)を行動指針(バリュー)で定めています。社員はこの行動指針を実践し、商品・サービスの品質向上に取り組んでいます。グローバルな環境変化に対応するグループ経営を進めるためには、多様な価値観を持つ社員一人ひとりの力を結集することが重要となります。MS&ADインシュアランス グループは、仕事を通じて成長し、能力を発揮できる機会を意欲あるすべての社員に対して提供していくことが、企業競争力の向上につながると考えています。そのため、社員とのコミュニケーションを大切にし、さまざまな取り組みを行っています。
MS&ADインシュアランス グループでは、毎年グループ内の全社員を対象に社員の意識調査を実施しています。「グループの経営理念(ミッション)・経営ビジョン・行動指針(バリュー)の浸透」や「グループとしての一体感」、「いきいきと働ける環境」といった観点で設問を設定し、グループ社員の意識について定点観測しています。グループの経営理念(ミッション)・経営ビジョン・行動指針(バリュー)の浸透とともに、グループの一体感が醸成されているか、社員の働きがいや成長の実感につながっているか、などを確認しています。
また、グループ各社では、社員の声を品質向上に活かすため、社員が改善提案などを投稿できる掲示板を社内システム上に設置し、本社各部が検討し、検討結果をフィードバックする仕組みを運営しています。なお、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井ダイレクト損保、三井住友海上あいおい生命、三井住友海上プライマリー生命は、社員と経営トップ層との意見交換の場を定期的に設ける等、社員の声を経営に活かす取り組みを継続しています。
多様な人財の育成と健康経営についての詳細はこちら
人権の尊重についての詳細はこちら

地域社会・国際社会への責任

地域社会・国際社会の一員として、保険事業等本業を通じた社会貢献活動を行うとともに、社員が主体的に環境保全や地域社会への貢献活動を行うなど、その持続的発展に寄与しています。
内閣府主催の防災推進国民大会への出展による地域の防災・減災への取組推進等をはじめとする官民連携の取り組みや、三井住友海上が会長会社として活動をサポートしている一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)との、生物多様性の保全と生物資源の持続的な利用に関わる活動等、社会と一体となった取り組みを行っています。
また、MS&ADインシュアランス グループの社員による社会貢献団体「MS&ADゆにぞんスマイルクラブ」を通じ、非営利団体との協働によるさまざまな社会貢献活動を行っています。
社会・地域への取り組みについての詳細はこちら
事業を通じた社会的課題解決への貢献についての詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+1
  • LinkedIn
  • AddThis

ラムサールサポーターズ~いのち・つなげる・水辺から~

このページの先頭へ戻る