トップメッセージ

代表取締役社長 柄澤康喜

2016年熊本地震により被害を受けられた皆さまに、心よりお悔みとお見舞いを申し上げます。

MS&ADインシュアランス グループでは、お客さまに一日も早く安心をお届けできるよう、震災直後よりご相談窓口を設置し、グループを挙げて万全の事故受付、迅速な保険金のお支払いに取り組んでまいりました。引き続き広く、保険金のお支払いに注力してまいります。また、新たな災害に備えて、防災・減災や事業継承に関するご提案、リスクコンサルティングなどの取り組みもグループ一丸となって進めてまいります。

2015年度CSR活動は、中期経営計画「Next Challenge 2017」グループ基本戦略にもとづき、「商品・サービスの品質向上を通じた信頼の獲得」と「商品・サービスの品質向上を通じた社会的課題解決への貢献」の2つを柱に据えて取り組みました。グループ共通取り組みとしては、環境・社会貢献活動の「MS&ADみんなの地球プロジェクト」と水辺の生物多様性保全活動「MS&ADラムサールサポーターズ」を推進し、多くの社員が各地域で社会的課題解決に向けた活動に参加しました。

また、「SDGs(国連持続可能な開発目標)」や地球温暖化対策の国際的合意の「パリ協定」が採択されましたが、「パリ協定」の実現に向けた「パリ行動誓約」に署名を行い取り組みを進めていくこととしました。気候変動問題や防災・減災の領域において企業が果たす役割は、地球規模で高まっていくと認識しています。

MS&ADインシュアランス グループは、ステークホルダーの皆さまとの対話を通じて認識した課題や、「SDGs」の17の目標と169のターゲットを広く受け止めるとともに、経営ビジョンの「持続的成長と企業価値向上を追い続ける世界トップ水準の保険・金融グループの創造」を実現することによって、持続可能で強くしなやかな社会づくりに貢献してまいります。

MS&ADインシュアランス グループは、国内において特色のある3つの損害保険会社と2つの生命保険会社を有し、海外においても特色のある保険事業を展開しています。2015年3月にはBox Innovation Groupを、2016年2月にはMS Amlinをグループに迎えました。この多様性を活かしながら、グループ全社、社員一人ひとりの力を結集して、今後ともあらゆるステークホルダーの皆さまのご期待にお応えできるよう努めてまいります。引き続き、より一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。


2016年7月

代表取締役社長柄澤康喜


  • Facebook
  • Twitter
  • Google+1
  • LinkedIn
  • AddThis

ラムサールサポーターズ~いのち・つなげる・水辺から~

このページの先頭へ戻る