人財の育成

MS&ADインシュアランス グループは、社員一人ひとりがプロフェッショナリズムを高め、現状に満足せずに革新を追求し、組織としての総合力を最大化できるよう人財(※)育成に取り組んでいます。

(※)MS&ADインシュアランス グループでは、一人ひとりを大切にするという想いをこめて、「人材」ではなく「人財」と表記しています。

目指す社員像

MS&ADインシュアランス グループの目指す社員像を「自ら学び自ら考え、チャレンジし、成長し続ける社員」と定め、グループ国内保険会社では、社員が誇りと働きがいを持って、プロフェッショナルとして働くために、「研修」「OJT(※)」「自己研鑽」などの施策を通じた教育・支援を行っています。

(※)On the Job Training(職場内教育)


人財育成体系の概念イメージ

このページの先頭へ戻る

グループ国内保険会社では、各種研修や社外通信講座などの自己啓発の機会を提供し、社員一人ひとりの主体的な学びと成長を支援しています。なお、グループ一体の取り組みとして2014年度から『MS&ADオープンカレッジ(※1)』)や、『MS&ADオンラインビジネススクール(※2)』などの学習機会をグループ全社員に対して提供しています。
また、新入社員に対しては、スムーズに職場に溶け込み、職場経験を活かしながら、必要な知識やスキルを習得するための「OJT体制」を整えています。2016年度は、グループ国内保険会社をはじめとする計8社の新入社員合同の1日集合研修を行い、グループのミッション・ビジョン・バリューの理解を深めるなどグループ社員としての一体感の醸成に向けた取り組みを行いました。

(※1)課題解決力などのビジネススキルを習得する集合研修
(※2)モバイルデバイスを使ってMBA知識等を学ぶ学習ツール

グループ8社での新入社員合同集合研修
グループ8社での新入社員合同集合研修

グループ8社での新入社員合同集合研修


このページの先頭へ戻る

チャレンジを支援

トレーニー制度

グループ国内保険会社では、社員が経験したことのない業務や、興味のある職場を短期間体験する「トレーニー制度」を実施しています。本制度により社員は、他部門やほかの会社の業務を体験することで、グループ一体感のさらなる醸成、コミュニケーション強化につなげています。
三井住友海上ではトレーニー実施の風土が醸成されたため、2013年度からは本社部門等での実習を除いて、各職場での自主的な運営に変更しています。
あいおいニッセイ同和損保では、本社部門から営業・損害サービス部門への「現業実習コース」、営業・損害サービス・業務部門から本社部門およびグループ各社への「本社・関連会社実習コース」を実施しています。

2015年度トレーニー制度 参加者数
  グループ会社間 社内
三井住友海上 25 160(※)
あいおいニッセイ同和損保 21 196(※)
三井ダイレクト損保 5 0
三井住友海上あいおい生命 9 77
三井住友海上プライマリー生命 12 21
  • (※)本社部門等での実習者数

チャレンジ意欲が強く、現在の職場において一定の成果を出している社員のキャリアアップをサポートするため、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上あいおい生命では社内公募制度を導入しています。
中でも、「ポストチャレンジ制度」は、自らのキャリア形成を考える社員がその内容や希望を会社に伝え、その実現に向けチャレンジすることができる公募制度であり、本制度を通じて、社員の自律的キャリア形成を実現しています。

目標にチャレンジ

グループ国内保険会社では、社員一人ひとりが新たな業務領域にチャレンジし、働きがいや成長を実現するための仕組みとして目標管理制度を導入しています。
本人と上司が年数回の面接対話を実施し、社員自身や所属組織の目標・課題・成果を共有することで、人事考課に対する社員の納得性・公平性を高めるとともに、社員の育成につなげています。
また、上司との日常のコミュニケーションのほか、面接対話を通じて、社員が新たな領域や高い役割を担うことを目指し、社員がモチベーションを高く持ち、働きがいを感じることができるよう支援しています。

役割変革の取り組み

三井住友海上では、社員の働きがいの向上および生産性の向上のために、さらなる役割変革の取り組みを推進しています。2014年度から取り組んでいる「Be プロフェッショナル for all(略称:Beプロ)」では、人財育成のキーワードを「学ぶ責任」「育てる責任」と表現し、全社員がこれを強く意識しながら、さらなる役割変革に取り組んでいます。また、2015年度からは、創意工夫によって時間を創出する意識(「JSマインド」と表現)を高めながら、現状に満足することなく、さらなる可能性を追求し「自分を、職場を、変えていく」という強い気概(「変えていく責任」と表現)を持って業務を遂行することを掲げています。

あいおいニッセイ同和損保では、業務変革とワークスタイルの変革を両立し、時間生産性向上を実現するため、社員一人ひとりが持てる能力を十分に発揮し、一段階上の役割を担うことにチャレンジする「役割革新」を進めています。2015年度から全社的人財育成取組み「ビジトレ!(Business Training)」を推進し、社員一人ひとりの高い成長意欲とチャレンジ精神をもって「個の力」の引き上げることで、さらなる役割革新に取り組んでいます。

「KAIKA Awards 2014」KAIKA賞を受賞

表彰式の様子

表彰式の様子

三井住友海上は、一般社団法人日本能率協会が主催する第1回「KAIKA賞」を受賞しました。
「社員の働きがい・成長」と「組織の競争力向上」の実現に向けた「役割イノベーション」から「Be プロフェッショナル for all」に至る全社の取り組みが評価されたものです。


次世代リーダーの育成

グループ国内保険会社では、管理職を対象とした研修を実施し、人財育成全体を支える「マネジメント力」「職場のコミュニケーション力」の強化に取り組んでいます。
また三井住友海上およびあいおいニッセイ同和損保では、経営感覚・グローバル感覚を備えた次世代リーダーを育成することを目的に、経営知識を学び具体的な経営提言を策定する研修(MS経営スクール・AD経営スクール)を実施しています。

三井住友海上は、従業員数の約6割を占める女性社員のさらなる育成に注力しています。
2015年度、女性社員がより広いフィールドで活躍し、管理職として能力を十分に発揮できる環境を整えるべく、若手層向けの「MSマインドアップ女性スクール」の新設と中堅層向けの「MS女性リーダースクール」の拡充を行いました。
あいおいニッセイ同和損保では、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいます。2011年からは女性経営幹部輩出に向けて、女性管理職への更なる機会の提供と経営に対する意識の向上と支援を目的に「メンター制度」を導入しています。また、女性管理職輩出に向けては2014年度より「女性マネジメントセミナー」を導入、2015年度はテーマ研究を取り入れ、役員に向けて成果発表を行うなど、カリキュラムを拡充しました。また、各種異業種交流会(営業社員セミナーなど)にも参加し、多様な経験を積む機会を設けています。

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言(※)に賛同

MS&ADインシュアランス グループでは、2016年10月に内閣府男女共同参画局が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言に賛同しました。トップ自らが社外へアピールすることでさらに女性の活躍推進に取り組んでいきます。

(※)「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言について
2014年3月、首相官邸で「輝く女性応援会議」を開催。各地域・分野で、輝く女性・輝こうとする女性たちを応援していこうというムーブメントがスタートしました。
2014年6月には、これまで女性の活躍に積極的に取り組んでこられた男性リーダーが集まり、具体的な活動指針を定めた「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言が策定されました。行動宣言は、「自ら行動し、発信する」「現状を打破する」「ネットワーキングを進める」の3項目からなり、男性リーダーが女性の意欲を高め、その持てる能力を最大限発揮できるよう、具体的に取り組んでいくことを宣言しています。

このページの先頭へ戻る

グローバル人財の育成

三井住友海上では、豊かな国際感覚と専門性を備えた各分野のスペシャリストを育成するため、海外現地法人などで原則1年間海外における業務、ビジネススキル、語学などを学ぶ研修制度「MSビジネスユニバーシティ」を実施し、2015年度は33名を派遣しています。また、グローバル人財の裾野拡大として、グローバル人財に求められるマインドやスキルを理解するための「グローバル人財入門講座」を実施しています。
あいおいニッセイ同和損保では、国内外を問わずさまざまな分野においてグローバルな事業展開を支えることができる人財の育成を目的として、海外現地法人で1年間業務を体験する「海外現法派遣制度」や、一橋大学大学院への「MBA派遣制度(HMBA・ICSMBA)」を実施しています。

グローバルトレーニー制度

海外雇用社員の日本でのプログラムの様子

海外雇用社員の日本でのプログラムの様子

三井住友海上では、本社の社員が海外拠点の業務を体験したり、海外拠点の現地雇用社員が本社の業務を体験したりする「グローバルトレーニー制度」を実施しています。グローバル人財の拡大や本社部門の国際化、または国内外の相互交流・相互理解につながっています。
2015年度は、国内社員28名、海外拠点の現地雇用社員38名(2010年度以降累計:国内社員104名、海外拠点雇用社員198名)がグローバルトレーニー制度を利用しています。


グローバルトレーニー制度 参加者数
  2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 合計
国内社員 12 11 11 16 26 28 104
海外拠点雇用社員 14 25 32 43 46 38 198

三井住友海上では、本社の国際業務部および東アジア・インド本部を中心とした各部署で海外拠点の現地雇用社員を出向という形態で受け入れています。2011年度には制度を拡大し、常時8名前後の社員が6ヵ月から3年の期間で在籍し活躍しています。この制度を利用し、2015年度までに45名の海外拠点社員が日本での業務を行っています。
所属部署では出向者の活躍により業務品質・効率が向上し、また出向者が活躍できる環境を整備する過程においてグローバル化が進展しました。
出向者本人にとっては、本社の機能や考え方、MS&ADインシュアランス グループの経営理念(ミッション)・経営ビジョン・行動指針(バリュー)を実務を通して理解する貴重な機会となっています。
また普段海外と接点の少ないほかの部署ともセミナーの開催等を通じて積極的に交流を行っており、相互理解に貢献しています。

本社への出向制度参加者数
  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 合計
海外拠点雇用社員 8 14 11 12 13 58

グローバルコンプライアンス担当者会議

世界各地からの参加者

世界各地からの参加者

三井住友海上では、海外拠点でコンプライアンスの推進を担うコンプライアンス・コントローラーに対し、「第6回海外コンプライアンス・コントローラー研修」を実施しました。2015年度は、22の国・地域から43名が参加し、本社各部からの講演のほか、外部講師による不正事件の発生防止策に関する講演や、代表海外拠点によるコンプライアンス推進取組事例および、不祥事件の再発防止取組に関する報告が行われました。この2日間の研修を通じ、各国の取組状況について情報共有し、コンプライアンス推進の重要性を再認識しました。


このページの先頭へ戻る

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+1
  • LinkedIn
  • AddThis

ラムサールサポーターズ~いのち・つなげる・水辺から~

このページの先頭へ戻る