CSRに対する考え方と体制

MS&ADの目指す姿

MS&ADインシュアランス グループは、目指すグループ像を明確にするため、経営理念(ミッション)、経営ビジョン、行動指針(バリュー)を定めています。ミッション、ビジョン、バリューの実現を通じて、持続的な企業価値の向上を図ります。

ミッション、ビジョン、バリューの説明図


CSR取り組みの考え方

また、経営理念(ミッション)を実現させるため、「MS&ADインシュアランス グループのCSR取り組みの考え方」を定めています。

CSR取り組みの考え方

MS&ADの価値創造ストーリー

私たちの目指す「活力ある社会の発展と地球の健やかな未来」を支えるために、それを阻害する社会的課題から生じる多様なリスクをいち早く見つけ、リスクの発現を防ぎ、リスクが現実となった場合の影響を小さくし、経済的な影響を補うためのさまざまな商品・サービスを提供することで、世界中のチャレンジするお客さまが安心して生活や事業活動を行うことのできる環境づくりを行う、これが私たちの価値創造ストーリーです。

価値創造ストーリーの説明図

MS&ADインシュアランス グループでは、持株会社であるMS&ADホールディングスにCSR推進の部署(総合企画部CSR推進室)を設置しており、グループ一体となったCSR活動を推進するとともに、グループ国内保険会社のCSR活動を支援しています。2016年度より、中核事業会社2社(三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保)のCSR機能を持株会社のCSR推進室に集約し、本領域における機能強化を行いました。また、CSR委員会を設置し、グループCSR取組方針等について論議し、CSRに係るグローバルな動向や環境変化に関する情報共有、理解の深化を図っています。CSR委員会の協議内容は必要に応じて取締役会、グループ経営会議に報告しています。

CSR推進体制図

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+1
  • LinkedIn
  • AddThis

ラムサールサポーターズ~いのち・つなげる・水辺から~

このページの先頭へ戻る